クレジットカードの利用をおすすめる理由|特徴を活かした利用

高額融資を受けるには

模型

一般的なカードローンは、資金使途に一切制限が付されていないのが原則になっています。借りたお金をどのような目的で使用しても自由である反面、あまり高額の融資は受けられない仕組みになっているのが普通です。しかし、カードローン利用者の中には、もっと高額のお金を借りたいと望んでいる人もいます。金融業者側も、たくさんお金を貸し付けた方が高い収益をあげられるようになるため都合がよいという部分があります。とはいえ、何も担保を取らず高額融資を行ってしまうと、回収不能に陥ってしまった場合が怖いです。そのような問題を解決することができるのが、担保として不動産を供する不動産担保ローンです。不動産担保ローンであれば、普通のカードローンよりも利用限度額をはるかに高くすることができるため、度々高額のお金を借りる必要が生じる人にとってはありがたい商品です。

不動産担保ローンを利用することができるのは、自分の名義になっている不動産を所有している人です。数ある不動産担保ローンの中には、他人名義の不動産でもオーケーとなっているものがありますが、全体からみると少数派です。他人名義の不動産を担保に取った場合、後々いらぬトラブルが発生してしまう可能性を否定しきることができません。お金を貸し付ける金融業者としては、トラブルに巻き込まれるリスクをなるべく低くしたいというのが正直なところです。したがって、本人名義の不動産であることが貸付条件になっているケースが大半です。利用限度額については、担保に供された不動産にいくら位の価値があるのかという点と、本人の支払い能力がどの程度であるのかという点の両方が考慮されて決定されることになります。